2011年1月4日火曜日

CPU=CPU+GPUがCPU×GPUに

IntelもAMDもそれぞれ、CPU+GPUでやっていました。
それでも、かなり衝撃的だったのに、2011年は



CPU×GPUになっちゃいました。



2010年まではただ単に、
CPUのダイの上にGPUをポンと乗っけただけだったのですが、
遂に融合しちゃいました。



AMDはAPUと読んでます。



2010年までと比べて何がいいのかというと
GPUとの関係が深くなる(グラフィック性能が上がる)。
それと、帯域速度がとてつもなく速くなる。



そうすると、処理速度向上して、レスポンスがよくなるぜい。



IntelとAMDの市場ターゲットは若干違えど、
性能向上という目的は同じですね。



さて、My Thinkpadそろそろ限界だから、これが載ってるのに買い換えるか。
8GBのメモリー載っけて、Intelからそろそろ次世代SSDが出るから・・・・・・・ゴニョゴニョ


ニュース
Intel
Intelの次世代CPU「Sandy Bridge」の正体


AMD
AMD、Fusion APUこと初のGPU統合型プロセッサを発表
AMD、CPUと描画機能を統合した「Fusion APU」を正式に発表
AMD " Fusion " APU ついに発表、DX11対応で10+時間駆動ミニノートも実現